機関誌「花みずき」

血圧のおはなし

クリニック看護師 角田

 「最近、寒くなってきたので、血圧が高くなる」「動いて直ぐやから、今血圧高いわ」「家では、こんなに高くないのに、病院で測ったら、いつも高い」と言う会話を良く耳にします。どれも正解で、その通りなのです。
 ここでは、みなさんが良く知っている血圧のお話。でも、もう少し深く知っていただきたい血圧のお話をしたいと思います。
 血圧とは、血液が流れるときに血管の壁に与える圧力のことを言います。
心臓は、常に全身の細胞に酸素や栄養を届ける血液を送り出しています。この血液が心臓から押し出されて血管(動脈)を通るとき、血管の壁に与える圧力が血圧です。よく血圧の“上”とか“下”と言う言い方をしますが、上の血圧とは、心臓がキュッと収縮して血液を全身に送り出すときの「収縮期血圧(最高血圧)」のことで、下の血圧とは、心臓が膨らみ拡張したときの「拡張期血圧(最低血圧)」のことを言います。
心臓のポンプ機能が順調で、動脈に弾力性があれば血圧は正常です。


 血圧は、心臓から押し出される血液の量(心拍出量)と、血管の太さ(正確には血管内径)・血管壁の弾力性によって決まります。血液の量が多ければ血管の壁には強い圧力がかかり、高血圧になります。また、末梢の血管がなにかしらの理由で収縮したり、動脈硬化で動脈の弾力性が低下したり、血管が硬く細くなると血圧が上がります。
 一般的に収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上(診察室血圧)が高血圧と言われていますが、数値だけにとらわれず、年齢や疾患により、血圧をどの程度の値でコントロールするかは異なってきます。病院で血圧を測ると家庭での測定値よりもかなり高くなる人もいます。これは、「白衣高血圧」といって、医師や看護師に囲まれることの緊張によるものと言われています。血圧は常に変動するので、同じ時間帯に、同じ条件で測定できる家庭での血圧測定は、日頃の血圧状態を知るとても大切なことです。また一方、食後や入浴後のように様々な「場合」に応じて測定することも重要です。