機関誌「花みずき」

-「最期まで自分らしく」が実現できる在宅療養-
だいとうクリニックで学んだ17年間

だいとうクリニック看護師  延澤

 17年間、だいとう先生のもとで働かせていただき、在宅医療に深く関われたこと、新たな自分を見出すことができたことに感謝しています。
 就職当初、だいとう先生から、「ここの看護師は、外来だけでなく、往診同行や訪問看護など、いろいろなことができるから面白いよ」と言われ、その言葉を聞いた時には「覚えるだけで大変だ」と目先のことしか考えが及びませんでした。しかし、今思う事は、これらの業務はすべて在宅に繋がっていて、自分たちの知識や技術の向上につながっていると思えるようになりました。往診や外来で先生が患者さんと接している時の姿や会話のやり取りを見て、自分の知識を増やす機会となり、訪問看護に行った時役立ちました。また、訪問看護で得た知識や在宅での工夫は、外来患者さんが在宅に移行する時や、自宅で困っている時に役立つ情報として伝えることができました。「面白い」の意味は在宅を知り、好きになるってことだったということがわかりました。

 健康教室や学会での発表も仕事以外の業務で、負担に感じることもありましたが、自分で学んだことは知識となり今の仕事に活かされています。健康教室に足を運んでくださる患者さんの中には、1つ1つ頷きながら聞いて下さる方もいて、自分への励みになっていました。また、初めての学会発表の前、先生に不安を口にすると、「発表する人が一番わかっているのだから、怖がることはない。自信を持って発表してきなさい」と背中を押してくださいました。先生からいただくエールは、常に自信を持たせてくれます。 これまで、苦手と感じていた看護師長という立場。これにもエピソードがあります。先生から言われた一言が「管理者ほど楽な仕事はない。黙っていても情報は入ってくるのだから」というものでした。私にとって、まったく真逆な考えに当初は理解できませんでしたが、やっていくうちにその意味を少しずつ理解できるようになっています。まだまだ未熟で、スタッフに支えてもらって何とかこなしている現状ですが、いいチームに恵まれたことに感謝し、これからも努力していきたいと思います。

 だいとう先生と出会い、たくさんの患者さんの生き方に関わらせていただくことができました。先生がこれまでやってこられた、「自分こそ主治医」。在宅で過ごす患者さんの生活を主に考える医療の在り方は、スタッフ全員にしみ込んでいます。これからもスタッフ全員で続けていきたいと思います。
 だいとう先生、千恵美さん、これまで、私たちを守り、支えてくださり本当にありがとうございました。一人一人が生き生きと仕事ができているのは、先生や千恵美さんが守ってくれているという大きな安心感があったからだと思います。スタッフを代表して心から感謝申し上げます。
 2022年1月からは、開發先生のもとで私たちスタッフは勤務しますが、場所もスタッフも変わらず、これまで通り外来、訪問看護の業務を行います。訪問診療にも開發先生に同行させていただきます。スタッフ一同これからも一生懸命頑張りますので、どうかよろしくお願い致します。




皆さん、長い期間にわたって患者に寄り添って頂き、ご苦労さまでした。(大)