だいとう循環器クリニック

花みずき

痴呆性高齢者に安心の暮らしを

グループホーム花みずき  元施設長 田中 智子


 私たちのグループホーム花みずきが緑豊かな豊富の地でようやくスタートします。
たくさんの人々の思いを託されての出発です。
「やがて自分も高齢になるのだから」「自分たちが住みたくなるような」「自分たちの親 を託せるような」そんな思いの人達が集まって、長期にわたって勉強会を重ね、ハード, ソフトの両面から検討してきました。「安心」「安全」「快適」が提供できるグループホームをとの思いを担って花みずきの幕開けです。

 グループホームや小規模のユニットケアが、今注目を浴びています。しかし、少人数でのケアが万全・万能のケアではなく、ある段階の痴呆の高齢者にとって有効な効カが得られることや、24時間同じユニットケアのスタッフが関わることにより、なじみの関係ができ、統―されたケアが提供できます。そこに「安心」が生まれます。面接に伺うたびに思うのは介護をされている方は、皆さんとってもお疲れです。日々のご家族の介護 のご苦労にはいつも頭が下がります。
 グループホームは終の住かではありませんが、だいとう循環器クリニックからの往診や訪問看護の協カ、協カ病院、協カ施設、協カ歯科や地域の方々のお力をお借りし、出来るだけ長期間、落ち着いた生活を提供させていただきたいと思っています。大切な方をお預かりさせていただくご家族にも説明させていただいて、ご理解いただきたいと思います。痴呆の高齢者が、ある時期少人数で共同生活を営むことにより症状の緩和が得られ、落ち着いた生活が提供できるということなのです。

 「やさしさ」や「愛情」という観念的なものだけでは、継続的なケアはできません。
きちんとした体系や科学的な考えの上で、熟練された専門的なケアを構築されなければいけないことを踏まえ、そして医療情報による身体状況やご家族よりの情報を適確に受け止め、高齢者主体の個別の計画を作成しケアを行います。関係者との連携の重要性を周知し、スタッフはチームで取り組みます。
 人生の晩年に近い方と接することになる私共が、それぞれの方の生活を、タ暮れにするのではなくタ映えになるよう、スタッフ一同可能な限り惜しみなく尽カしたいと考え ています。
 また、地域の方々の高齢者の相談窓口として「ケアプラン花みずき」、文化活動やコミュニケーションの場としての「デイサービス花みずき」が同時オープンします。

| INDEX | BACK |
Top

だいとうクリニック